印鑑・はんこトップページ > 捺印と押印の違い line

捺印(押印)と署名(記名)

印鑑の押し方や押す場所。捺印と押印、署名と記名の違いなどを詳しく説明いたします。
捺印(押印)とは切っても切り離せない署名・記名とあわせて見てみましょう。

正しい押印の仕方

「署名(記名)に印影を重ねて押すのかどうか」

押印の位置について法律での規定はなく、どちらも間違いではないようです。
そのため、慣例的な決まりが様々出来ているので、常識を外れた位置でなければ、自社や取引相手の慣例に合わせるのが一番だと思います。
どちらがよいかと言えば、万が一筆跡や印鑑の鑑定となった場合、重ねて押すと、印影や筆跡が読みづらくなりますので、重ねず署名(記名)のすぐ近く(縦書きはすぐ下、横書きはすぐ右)に押すのが好ましいと思います。

署名に重ねず捺印 署名に重ねて捺印
どちらも間違いではありませんが、重ねない方が鑑定は容易。

「法人印の押印」

法人印の押印位置についても法律での規定はありませんが、
慣例的には、角印を記名に重ねて、代表印を重ねずに捺すと指導されることが多いようです。
低額の領収証などは角印だけで済ませることも多いです。

「どうやったら綺麗に印鑑を押せるのか」

やはり印影が判別しにくい状態では、やはりトラブルになりかねません。

第一に朱肉の付け方です。
かすれているのはいけませんが、朱肉の付けすぎもまた不鮮明になります。たくさんつけるのではなく、まんべんなくつけるのが理想的です。ポンポンと軽く何回かつけるようにして、印面にまんべんなくついているか実際に見て確認するといいでしょう。

第二に硬い場所で押さないことです。
硬い場所では鮮明な印影は得られませんし、「はんこ」そのものを傷つけてしまう恐れもあります。
捺印マットがあればベストですが、ない場合は下にノートやメモ帳などを敷い押すといいでしょう。

第三に押し方です。
押した時にすぐ紙から放すのではなく、「はんこ」が動かない程度に軽く「の」の字を書くようにして下さい。

もし綺麗に押せなかった場合には、二本線で失敗した印影を消し、隣にもう一度綺麗に押し直しましょう。
印影が薄かったからといって、もう一度その上に重ねて押してはいけません。

捺印と押印

「はんこ」を押すことを「捺印」または「押印」と言いますが、この二つの呼び方に違いはあるのでしょうか。
調べてみたところ、二つの説に行き当ます。

1. 「署名」に対しては「捺印」、「記名」には「押印」を使うという説です。
しかし、なぜそのように使い分けるようになったのか、「署名押印」「記名捺印」という表現は日本語として間違っているのか、私が調べた限りでは定かなことは分かりませんでした。意味は同じだけど、「署名捺印」「記名押印」と使い分けた方が無難、といったところでしょうか。

2. 日常的には「捺印」と使うことが多く、法律上は「押印」と使う場合が多い、という説です。
その根拠は、昔から「捺印」と使われていたのが、当用漢字が制定された当初「捺」が当用漢字に入らなかったため、公文書では「押印」を使うようになり、日常では「捺印」が残った、というものです。

しかし、辞書を引くと、共に「印を押すこと」とあり、違いは見受けられません。

署名と記名

署名と記名の違いですが、法律で明確に区別され、その効力についても定めが置かれ明確な違いがあります。

署名

署名とは、法律的には本人が自筆でその住所氏名を手書きすることを言います。

記名

記名とは、署名以外の方法(ゴム印・印刷・他人による記載など)で自分の氏名を記載することです。
手間は省けますが、本人の直筆ではないので、他人が無断で記名する危険性があります。
法律は記名だけでは署名の代用としての効力を認めていません。
記名の末尾にその人の印が押してある場合に限り、署名と同じ物として取り扱うことが出来ます。

証拠力の違い

署名と記名押印は法律上の効力は同じです。
「商法中署名スヘキ場合ニ関スル法律」は記名捺印をもって署名に代えることができるとしています。つまり効力の点では(署名)=(記名+捺印)ということになります。これをもう少し噛み砕いていうと、署名の場合には捺印(押印)はいらないが、記名の場合には捺印(押印)がなければ正式な効力は認められないということです。
しかし、証拠力という点においては、一般的には署名のほうが文書の信用力は勝っていると言えます。
署名捺印となれば、さらに証拠力は増します。

署名・捺印 署名捺印 自筆(サイン)と押印。証拠力では一番勝っています。
署名 署名 自筆(サイン)。確かな証拠力になります。
記名・押印 記名押印 記名と押印。署名と同じ効力がありますが、証拠力では署名に劣ります。
記名 記名 ゴム印、印刷、代筆など自筆以外の方法。署名の代用にはなりません。

はんこ屋本舗の捺印マット

捺印マット

気温の差での弾力性の変化の少ない天然ゴム配合の特殊ゴムマットと、判子のお供として取り扱われ続けている肌触りなめらかな捺印マットです。
携帯性と押し心地を両立したゴムマット(携帯用)が特にオススメです。
どなたでも綺麗に捺印ができる一品です!

捺印マット
11×9cm
(携帯用)
通販価格480円
捺印マット
10×21.1cm

通販価格880円
印鑑事典・目次
印鑑の種類 印鑑用語 印鑑の歴史 紙幣の印鑑
印鑑の法律 印鑑が必要な時 印鑑使用時の注意 印鑑登録と印鑑証明書
押印(捺印)と署名(記名) 特別な印鑑 印鑑の盗難・紛失 印鑑のあれこれ

通販ご利用案内

お支払いについて

はんこ屋本舗での印鑑通販は以下のお支払い方法がご選択いただけます。
■クレジットカード決済(手数料無料)
カードロゴ
■代金引換

代金引換手数料(手数料315円〔税込〕

■モバイルEdy(エディ)(手数料無料)
エディロゴ
■銀行振込

三井住友銀行、楽天銀行(旧イーバンク)
ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行

銀行ロゴ
【お支払い時の注意事項】

モバイルEdy、銀行振込は前払いとなります。入金確認後の発送となります。

配送料・時間指定について

■料金

全国一律送料 525円〔税込〕
(5,250円以上お買い上げで全国送料無料
代引決済をご希望の場合は別途決済手数料 315円〔税込〕

■配送業者・時間指定

佐川急便の飛脚宅配便で大切にお届けいたします。

佐川急便 郵便局
はんこ配送時間指定
ご指定時間帯に配達するよう佐川急便に指示いたします。
※交通渋滞、やむを得ない事情によりお届け時間に遅れる場合もございます。予めご了承ください。
※沖縄・離島のお客様は日本郵便のEXPACK500でお届けいたします。
日付・時間帯指定はご利用いただけません。

休日・営業時間

■休日について

土・日・祝日・年末年始・夏期休業です。

■営業時間について

平日(月〜金)
午前10:00〜12:00
午後13:00〜17:00です。
(※インターネットでのご注文は24時間365日承ります。)

商品の返品交換について

商品の交換・返品をご希望される場合には「返品について」 の注意事項をご確認の上、商品到着後7日以内に電話またはメールにて弊社までご連絡下さい。商品到着後8日以降の交換・返品には、応じかねる場合がありますのでご注意下さい。

お問い合わせ

■商品に関するご質問&ご要望などはお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
■ホームページからのご注文は24時間承っております。メールの返信は休業日を除く10:00〜17:00となっておりますのでご了承下さいませ。

※お電話口でののご注文は承っておりません。ご了承下さい。

個人情報に関して

はんこ屋本舗は、当サイトで収集される情報の唯一の所有団体です。これらの情報は、プライバシーポリシーで開示されている方法以外、若しくはお客様の承諾を得ることのない形で第三者へ販売・共有・賃貸されることはありません。

納期について

ご注文日
・月
(17:00迄)
ご注文 ご注文 → → お届け . ご注文
火(17:00迄) . . ご注文 → → お届け .
水(17:00迄) . . . ご注文 → → お届け
木(17:00迄) → お届け . . ご注文 → →
金(17:00迄) → → お届け . . ご注文 →
※納期について以下の点をご了承くださいませ。
→ 休日がある場合、休日の日数が追加されます。
→ 受注状況や在庫状況によりお届け日が前後する場合がございます。
→ 交通事情や天候などによりお届け日が遅れる場合もございます。
→ 北海道・沖縄・青森・秋田・離島等へのお届けは、プラス1日若しくはそれ以降のお届けになります。
→ 銀行振込・コンビニ決済の場合は入金確定日がご注文日になります。
ページトップへ
ショッピングカート

個人用印鑑

個人印鑑セット

一括購入・定期購入

象牙取引認定事業者

line
環境省・経済産業省 特定国際種事業者
特定国際種事業者
事業者番号:T-3-13-30405
line

はんこ屋本舗の定休日

line
定休日です。 本日です。
line
営業時間/平日(月〜金)
午前10:00〜12:00
午後13:00〜17:00
※年末年始、夏期休業を
除かせていただきます。

line

安心通販システム

line
Eストアー
はんこ屋本舗はEストアーの
カートを使用しています。

ベリサイン
SSL暗号通信により、
すべて暗号化されています。

line
クロスリスティング
はんこ屋本舗はX-listingの
審査を通過しています。

line
はんこ屋本舗クレジットカード決済システム
line
はんこ屋本舗はチャレンジ25です。
はんこ屋本舗はチャレンジ25に
参加しています。

line

リンク集

はんこ屋本舗はチームマイナス6%に参加しています。
| 印鑑 通販 | 実印 | 銀行印 | 認印 | 実印/銀行印セット | 実印/銀行印/認印セット | お見積もりフォーム |
| 法人 実印 | 法人 銀行印 | 法人 角印・社印 | 割印・契印 | 資格印 | 法人設立セット | 印鑑ケース | 朱肉・印泥 | 関連商品 |
| 当店のこだわり | 永久保証について | ご注文ガイド | 印鑑 Q&A | ご利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法の表示 |
line
Copyrights© 2009-2010 Hankoyahonpo All Rights Reserved.